FC2ブログ

【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





ホームスポンサー広告■バイリンガルを目指して ~日本語学習に役立つ無料プリント・教材~>どんな教材を選べばいいの? 日本語子育てで活用中のドリル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

どんな教材を選べばいいの? 日本語子育てで活用中のドリル

2014.08.16 Sat

日本語子育ての一環として、
長女Cが毎年活用している教材にドリルがあります。

それが、こちら。

********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


レビューを見て検討した結果選んだ、
「論理エンジン」シリーズです。


論理エンジン どっかい・さくぶんトレーニング 小学生版1年生


論理エンジン 読かい・作文トレーニング 小学生版2年生


論理エンジン 読かい・作文トレーニング 小学生版3年生

ここには3年生分まで紹介していますが、
もちろん、6年生用まであります(^^)

物語、説明文、詩など、
その学年で学ぶべきことがバランスよく網羅されていて、
教員の経験がない私でも、このドリルを使うと
全般的に教えられるのがありがたい。

今Cは、3年生用に取り組んでいますが、
ドリルでは、地球温暖化や眼球の働きについての説明文、
手紙の書き方、である調、ですます調など、
日常的な会話ではなかなか触れる機会がない
題材、文体が取り上げられています。

活用の仕方は、
一度Cに文章を音読させ
(読めない漢字は、側ですぐに読み方を教える)、
その後、私が音読して意味の難しい箇所を確認。
しっかり内容を理解させた後、問題に取り組んでもらいます。

解答の際に必要となる漢字は、
ドラえもんの漢字字典(雑誌「小学二年生」か何かのふろく)を使って、
Cが自分で書き方をチェック。
こうして答えを書いていくと時間がかかるので、
Cがイヤにならないよう、その日の進み具合に応じて
ここまでと取り組む量を切ってあげています。

解説がしっかりしているので、教えるポイントがわかりやすく、
親の私は助かっています(笑)。

ドリルの取り寄せ先、
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】は、
現在のところ消費税なし、実費のみで海外発送してくれるので、
とても良心的ですよ

スポンサーサイト

テーマ:海外で我が子に日本語教育 - ジャンル:育児

tag:日本語 子育て 教材

コメント:

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/100-e2fbd613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。