【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

バイリンガル教育は、●歳までが勝負!?

2014.11.27 Thu

あくまで個人的な経験からですが、
子どもに言語教育をする場合、

********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


5歳になるまでが勝負かな、と。

4歳くらいまでなら
生活の中で他者と比較する機会が少ないし、
「できないこと」に対する羞恥心もあまりないように感じます。

この年齢のころは、
親が当たり前のように日本語で話しかけていると、
たとえ英語圏で暮らしていても、日本語で反応しませんか?
あるいは、たとえ最初は英語で返事があっても、
こちらがさりげなく「●●なのね」と日本語で言いなおしてあげると、
自然にそれをリピートする。
そうして日本語も身につけていく。
少なくとも、わが家ではそんな流れでした。

ところが、5歳くらいになると、子どもに
できないことはしたくないし、失敗すれば恥ずかしい
という気持ちが出て来るような気がします。

だから、その頃から親が一生懸命日本語を教えようとしても、
子ども自らが「日本語は覚えない」ということを選んでしまう。
そして、自分にとってもっとも簡単な
英語でのコミュニケーション」を選んでしまう。

5歳くらいになると、
「日本語も知ってる」ではなく、「これだけしかわからない」と、
日本語に対して劣等感をもってしまう子もいるようです。

こうなると、難しいですよね。
本人の気持ち次第になりますから。

もちろん、それでも子ども自ら日本語を学ぶと決心し、
結局、見事なバイリンガルになるケースもあると思います。

でも、負担とかストレスを考えると、
やはり子どもが生まれたときから、
“積極的に”日本語に触れさせることが
大事なのではないかと思います。

たとえば、英語圏で暮らしていて、
仕事もしている日本人の親が、
ただ帰宅後に我が子へ話しかけるだけでは、
不十分だと思います。

各家庭の事情がありますから、
それぞれに工夫をされて、
バイリンガル教育をする各家庭にとっての
ベストな方法が見つかるといいですね。
私も私なりに、いまだに試行錯誤中です。

また、伴侶が日本語ネイティブでない場合は、
少なくともバイリンガル教育を理解してもらい、
精神面、物質面でサポートしてもらうことは必要不可欠です。

みなさん、がんばりましょう♪


スポンサーサイト

テーマ:海外で我が子に日本語教育 - ジャンル:育児

tag:日本語 バイリンガル 英語

コメント:

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/104-20a021aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。