【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





ホームスポンサー広告■バイリンガルとは? 海外でわが子に日本語を教える>バイリンガルを目指すなら、バイカルチャーも意識する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

バイリンガルを目指すなら、バイカルチャーも意識する

2015.01.14 Wed

2カ国語で子育てをしていると、
つい「言葉を教えること」だけに気をとられがちです。

でも、個人的な経験から、

********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


環境をモノカルチャーではなく、
バイカルチャーにするよう周囲が意識することも、
子どもたちが言葉を吸収していくために大切だと思います。

ウィキペディアによると、バイカルチャーとは和製英語であり、
複数の社会文化に適用しているという意味で使われることが多い、
とのこと。

例えば、年末年始の時期。
カナダではクリスマスが一年で最大の行事で、
子どもたちも大好きです。
だからわが家も当然、クリスマスの準備をして、祝います。

そして、クリスマスが終わったら、年末年始の準備スタート。
アジア系のマーケットで適当に御節の材料をそろえて、
年末の2日間、私はキッチンで立ち通し。
大晦日は、お飾りを出して、家族で紅白を観て
(日本では観たことなかったけど・・・)、
元旦は御節でお祝いします。

もちろん、子どもたちは先に絵本などで、
お正月の大まかな知識を得ています。
だから、日本の絵本と自分の体験がリンクします。

カナダでする、私が用意するお正月なんて、
本当にちっぽけなものだけれど、
リンクさせることでお正月に関するイメージが膨らみ、
「日本に関する子ども時代の思い出」として
子どもたちの中に鮮明に残るのではないかなと思います。


もうすぐおしょうがつ


おせちいっかのおしょうがつ


おせちのおしょうがつ


七ふくじんとおしょうがつ

しかし、年末年始にこうも行事が続くと主婦の私は大変です。
だから、大掃除は都合よくカット(笑)。
とても寒くてできないので、春にまわします。

お正月の準備を決まったとおりにやろうとすると大変だし、
はなから海外で日本と同様にできるはずがないと考えているので、
適当に、苦痛にならないように準備しています。

そう、キーワードは「適当」です。
これが長続きのポイント(笑)。
いいんです、わが家流で!

おかげで、子どもたちは年末年始の時期が大好きです。
元旦になると、まっさらな新しい年と認識してワクワクしているようです。
こういう「感じ方」も、日本人なら当たり前ですが、
海外では身に付きにくいですよね?

今年のお正月も、家族そろって一日中、
カルタやボードゲームなどをして楽しみました。
私の子ども時代のお正月の過ごし方を話したり、
御節の感想を言いあったりしながら、
日本語を使い、新しい単語に触れる機会にもなりました。

たった一人、家族の中で100%日本人である私が
「べつにいいや」と思ってしまったら、
お正月なんてしなくてもいいんです。
でも、それだと、子どもたちが何も知らないまま大きくなってしまう。
やっぱりそれは寂しいなーと思い、
長女にもの心がついた頃から、ずっと毎年準備しています。

続けてきてよかったです
スポンサーサイト

テーマ:海外で我が子に日本語教育 - ジャンル:育児

tag:日本語 バイリンガル 子育て 絵本

コメント:

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/105-3c96cee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。