【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





ホームスポンサー広告■海外から日本について考える>国民の命より大切? 日本国憲法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

国民の命より大切? 日本国憲法

2016.01.15 Fri

ある方のブログの記事を読んでコメントしようと思ったのですが、
長くなってしまったし、
わざわざこんなことを書く必要はないかと思ったので、
結局止めて、こちらに記事としてアップすることにしました。

おそらく団塊世代か、それより少し遅れての方のブログだと思います。

安保法案成立の仕方について、立憲主義国家としていただけない
というような内容の記事でした。

********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


-----

私も、立憲主義と抑止力を両立させるためのバランス取りは大変難しいものだと思います。しかし、憲法解釈の問題と国民生活の安全確保は、次元の違う話ではないかとも思います。

もっとも憂慮すべき点は、現行憲法を文字通りに解釈すれば、日本国民の日々の命の安全を保障できないということです。

70年間、日本で戦争がなかったのは、自衛隊の存在と日米同盟のおかげだと思います。それでも、戦後の混乱期に竹島を奪われ、日本国民も殺害され、拉致被害者は取り返せず(自分の家族や友人が拉致されていたらと考えるとぞっとします)、今や尖閣諸島や小笠原諸島付近の海にも他国籍船の進入を許しています。日本が手を出せないのを知っている特亜はやりたい放題です。戦争がなかった、私たちの知っている人が被害に遭わなかったイコール平和だったわけでは決してありません。

今、第9条に基づいて自衛隊を放棄すべきだと主張する人はいないでしょう。憲法解釈を云々するなら、この点が議論にあがらないのは不思議です。また、何かあれば、私たちは何もできないけどアメリカが助けてくれるはずという考え方は、人間感情を考慮するならまったく当てにならないと考えるべきではないでしょうか(例えば、アメリカに何かあれば日本人だけが血を流すということに納得する人はいないでしょう)。日本は親米国だと思いますが、アメリカは特に親日国ではありませんし、日本についてよく知らない人すらたくさんいます。

強盗に襲われて、他人に怪我させてはいけないからと、戦わないで家族が襲われるのを見ている人はいません。だから、正当防衛が認められています。日本が自国民を守れない日本国憲法は、神聖な存在どころか、現代情勢に合わない、時代遅れの代物なのではないでしょうか。

立憲主義をとる以上、憲法改正を先にすべきだという人のご意見もよくわかります。私も最初はそう思いました。でも、いろいろ調べていくうちに、それでは間に合わないと思われるほど世界情勢は急激に変化しつつあるのではないかとの思いに至りました(私も含め、島国の日本人は、一般に世界情勢に疎いと思います)。戦争はしないと公約したオバマ大統領の任期はあと1年です。言い換えるなら、もし何か企てているなら、アメリカが比較的大人しいままでいる今の内にと考える国もあるでしょう。そのあたりまで考えると、安保法案成立のプロセスも単に立憲主義を無視しているから駄目とは言えないのではないかと思います。

憲法は国民の安全を保障すべきものです。憲法解釈やら立憲主義やらを前にその憲法に縛られて日本国民を守ることができないのでは本末転倒ではないでしょうか? だから政府は安保法制は違憲ではないとの立場で、なんとか話を進めたのだと思います。

-----

私も正しい答えはわかりません。

でも、少なくとも安倍政権は、
日本をよくしようと真面目に考えているのではないかと思います。

もし安倍首相が
自分の政治生命のために支持率のことだけを考えるなら、
のらりくらりと何もしなければいいんですから。

強い反発を受けると知りつつ実行するということは、
彼には政治家としての強い信念があることは確かでしょう。

もちろん、私も一国民として、
ときに政府判断に不満を持つこともあります。
それでも、私が知る限りでは、
気骨のある、一番まともな政権ではないかと思います。


スポンサーサイト

コメント:

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/129-c7692e48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。