【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

バイリンガル子育ての基本とは?

2016.04.08 Fri

日本在住でも海外在住でも
日本語と英語(またはほかの外国語)を子どもに身につけさせる場合、
一番大切かつシンプルなルールとは、

********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


子どもたちにとって、
日常的にその言葉を使う必要がある
という点ではないかと思います。

つまり、ネイティブスピーカーが身近にいて、
その人と「外国語で」
「コミュニケーションを取らなければならない」
という環境です。

この時間が長ければ長いほど、言語は身につくはずです。

ただ、それはわかっていても、
この環境をどういう風に用意してあげるかは、
各家庭の事情によって違ってくると思います。

ネイティブスピーカーがいない家庭もありますし、
例えば親の一人がそうであっても、
共働きで思ったように子どもの側にいられないこともあります。

あるいは、習い事としてお金を払うことで
ネイティブスピーカーによるレッスンを子どもに用意してあげる、
教材、ラジオやインターネットなどで、
一方向からの英語(会話ではなく)に触れさせることはできる、
という場合もあるでしょう。

しかし、いずれにせよ、ネイティブスピーカーと
外国語でコミュニケーションを取る必要がどうしてもある
という切羽詰った環境にない場合、
バイリンガル」に育てるのは、かなり厳しいかと思います。


でも、思うんです。
そんな場合は、別にバイリンガルじゃなくても、
まったく構わないんじゃないかなと。
外国語の発音に母国語訛りがあったって、
コミュニケーションを取るという点ではほとんど問題ありません。

だから、子どもたちには、
ただ「外国語でいろいろな人と言葉を交わせることは楽しい」
ということを体験してもらえれば十分ではないでしょうか。

その印象が強烈ならば、成長する過程において、
子どもたちはきっと自らの選択と努力で
外国語を使えるようになろうとするのではないかと思います。


結局、どんなにがんばっても、
ネイティブスピーカーのいない、外国語で話すことが
死活問題に直結しない環境では、
日本語以外の言葉でネイティブ並み(考え方、発音、表現ともに)に
話せるようになることは
ほぼ不可能ではないでしょうか。

それは能力の問題ではなく、当然なことだと思います。

そのような環境であれば、
まずは日本人としての情緒をしっかり身につけさせ、
日本語できちんと自分の考えをもち、
発言できる人間になることを目指すことが
先決だろうと感じます。

そのうえで使えるようにする、外国語です。

日本人が日本人らしくなくなったら、
日本という国そのものが変わってしまいます。

  英語は不得意だけれど、日本語という美しい言葉を遣い、
  古来の文化・伝統があり、礼儀正しく、穏やかな日本人

日本国内で生きるうえでは、
これで、特に問題ないように私には思えます。

子どもたちが成長し、
将来、日本の名前を背負って海外へ行くようなことになれば、
それはまた別の話です。

そのような子どもたちは、きっと自覚を持って、
英語などの外国語を学ぶだろうと思います。
スポンサーサイト

テーマ:海外で我が子に日本語教育 - ジャンル:育児

tag:日本語 バイリンガル 子育て

コメント:

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/134-721bf9d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。