【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

どのレベルを「バイリンガル」と呼ぶか?

2016.05.04 Wed

日本で日本語を母語とする両親が、
英語で子育てをする。

この環境で、

********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


子どもが「バイリンガル」になるって、本当ですか?

バイリンガルの意味を調べると、

二種類以上の言語(異なる種類の言語で同じ言語の方言は含まない場合が多い)能力を持っている人のことである。そのうち、二言語話者をバイリンガル(bilingual)と呼ぶ。しかし、言語をどの程度まで扱える場合に「多言語話者」と定義されるのか(生活に支障がないレベルで十分なのか、ネイティブスピーカーと丁々発止の議論を遣り合える程度なのか、母語習得期に複数の言語を浴びていたのか)は非常に曖昧である。

[Wikipedia>多言語]

とあります。

親が日英バイリンガルで、
両言語とも発音・表現力の点で問題ない、
というのなら可能かもしれませんが・・・。

もし「ネイティブスピーカーと議論できるレベル
(発音、表現など同等レベル)」を
「バイリンガル」とするなら、
うーん、ちょっとその環境では、
難しいのではないかという気がします。

たとえば、

・子どものうちに教材等を通してネイティブの発音に触れさせ、
 耳、口ともに英語の音に慣れる

・英語で会話する=楽しいという経験をさせることで、
 英語に対する抵抗感をなくす

・将来、子ども自身が
 自らの選択で英語を身に付ける際に役立つよう、
 幼いうちに基礎をつくっておく

このような目的でする英語教育なら、
十分効果を期待できるでしょうし、
私にも理解できるのですが・・・。

英語・日本語の逆パターンとはいえ、
私も英語圏で日本語子育てをしている身です。
ネイティブスピーカーの私がいても、
子どもたちの日本語力を伸ばすことは簡単ではありません。
それを、日本にいながら、
日本語が母国語の両親が英語で子育てすることで、
バイリンガル並みの英語力が子どもの身につくものなのかなと、
単に不思議に思ったのでした。

それとも、バイリンガルではなくて、
単に英語が好きで、得意な子になるよう育てる
ということなのかな??
スポンサーサイト

テーマ:海外で我が子に日本語教育 - ジャンル:育児

コメント:

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/136-b1b126b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。