FC2ブログ

【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

海外での日本語育児とコスト

2011.08.19 Fri

はっきり言って、海外で日本語子育てをすると、
お金がかかります。

もちろん、

********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


無料プリントの活用とか、
日本語を話す親が時間を割いて教材を自作するなど、
できるだけコストを抑える方法もあると思います。

でも・・・、それでも、やっぱりかなりかかるかなぁ(^^;

私の場合なら、英語圏で暮らしつつも、
子どもたちに日本語で楽しみ、日本を身近に感じながら、
自然に言葉を身につけてほしい。

だから、わが家には
コツコツ集めた日本語の絵本・児童書が、かなりあります。
日本語の子ども番組も、録画したものがかなりの数になりました。
どれも日本から届いたものなので、送料の総額は万単位だろうな・・・(涙)。

また、私のような素人が指導する上で、
「子どもの年齢にあった教材」というものが必要だと感じています。

プロが作成した教材を併用しているので、
これも、コストがかかります(涙)。

英語圏で育つ子どもたちなんだから、
もう日本語なんていいわ~と私が諦めてしまえば、
どれも払う必要のないお金。その時点から何かほかのことに使えます。

でもね・・・

やっぱり子どもたちには、日本を感じながら、
半分日本人として誇りを持って生きていってほしいんです。

こんなこと、人によっては大したことじゃないかもしれませんが、
私にとっては大切なこと。


友人のお父さんの言葉で、心に残っているものがあります。

私立の大学に行った後、そのまま大学院に進むことをためらっていた友人。
これ以上ご両親に経済的負担をかけることが心苦しかったのだそうです。
いったん就職してお金を貯めてから進学するか、迷っていました。

そのとき、彼女のお父さんが言った言葉。

「情熱は、残念だけれど磨耗するものだ。
 教育だけが私たちがお前に残せる財産なのだから、
 勉強を続けたいなら、今進学しなさい」

なるほどなと思いました。

わが家の子どもたちも、今だからこそできる、
今与えるからこそ効果的な教育があると思います。

教育は私たち夫婦が子どもたちに残せる財産。
それを、家計をやり繰りしながら支えようと思います。
(大変だけど・・・ ←まだ言ってる【笑】)

スポンサーサイト

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

コメント:

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/14-0d8b473f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。