【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

バイリンガルの記録

2017.04.11 Tue

12歳のCと、9歳のNの
現在の日本語力についてのメモ書き。



********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


ふたりとも、平日は毎日、帰宅後、
日本の教科書を基本に、算数と国語の勉強をしている。

【Cの場合】
日本語の会話は問題なし。
ときどき、?という言葉遣いをするけれど、そこはご愛敬。
私がその場で説明して、正しい使い方を教える。

漢字は結構読めるようだが、間違いも多い模様。
ときどき音読してもらうと、おもしろい間違いがあり、
親子で笑い合う。

漢字については、書き方の基本を教えて、
書き取りは特にしていない。
「読めて意味がわかればいい」が基本。
というのも、せっかく書き取りをして覚えても、
使う機会がなく、すぐに忘れてしまうから。
海外で暮らす以上、これは仕方のないことだと思う。

私としては、
子どもたちが漢字の書き取りをしていないことより、
書き取りをしても使わないことで忘れ、
結果、漢字が覚えられないという
日本語に対するマイナス意識」を持たれることのほうが、
ずっと大きな問題だと思っている。

Cは、読書が大好きで、
すでに自分で楽しみながら日本語力を伸ばす段階へ
入っている模様。
漫画も児童文学も、問題なく日本語で読む。

作文も、使用する漢字の数は少ないものの、
日本語に合わせた構成で書くことができる。

算数の文章題も特に問題なく取り組んでいる。


【Nの場合】
会話は問題なし。

書くについては若干同年齢のころのCより劣る気がするが、
それは男の子のせいか。
英語でも、あまり書くのは上手でないので(苦笑)、
その点は(母の私は)特に気にしない。
それより、書くことを「楽しんでもらいたい」ので、
漫画や絵など、日本語の吹き出しを入れて
描いてもらうようにしている。

平日は毎日、必ず日本語で音読をする(フリガナ付き)。
文章の区切りなど、少しずつ上手になってきている。
就寝前の読書は必ず日本語。
子供向けの漫画本や科学系の本が多いか。

子どもたちはふたりとも日本が大好きだが、
Nのほうは放っておくと、英語のテレビを見たり、
英語で文章を書いたりすることが多いので、
生活の中で日本語の使用をもう少し増やすことが課題
(と、私は思っている)。

以上。


スポンサーサイト

テーマ:海外で我が子に日本語教育 - ジャンル:育児

tag:日本語 バイリンガル

コメント:

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/148-a548ff15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。