【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

この遊びは、日本語学習に役立っています!

2011.08.24 Wed

英語圏に暮らしつつ、試行錯誤しながら
自分の子どもたちに日本語を教えていますが、
これはあってよかったな~と思うのは、



********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


五十音以外に濁音、拗音までカバーした「あいうえおんカルタ」です。

娘は、確か4歳の終わりか5歳になったばかりのころ、
五十音の読みだけを覚えてからこのかるたを始めたと思います。

かるた遊びで平仮名の読みが早くなったのはもちろん、
私が教えなくても、あっという間に濁音・拗音まで覚えてしまいました。

ついでに、カタカナ表をさりげなく部屋に貼っておいたら(笑)、
その読み方も自分で覚えてしまって、びっくりです。


4歳になって間もない息子には、
まだ平仮名の読み方すら教えていないのですが、
かるたには3歳のときから参加させていました。

平仮名だけは読める夫も加わって、
家族みんながかるたで楽しそうに遊んでいるので、
自分もやりたいと思ったのでしょうね。
いつも私たちのところに来て座っていましたよ。

そしたらこれが、4歳になったころから
次第に自分でかるたを取るようになったんです。

初めて自力で取ったときは、私が読み札を読んだ後、
誰もまだ該当の絵札を見つけていなかったとき。
(その時点で、私ですら見つけていませんでした)

私の隣に座っていた息子が、突然クモのように
さささっと這い出てきたかと思ったら、
かわいい声と小さな手で、「はいっ!」(バシッ!)

見事、正しい絵札を取ったのでした!

みんな一瞬唖然とした後で、大笑い。
そのときの息子の誇らしい顔といったら・・・(笑)。

その息子が、今では
10枚程度取るようになりました。
正直なところ、まだ文字よりも絵を見ているのだろうと思いますが、
最初はそれでいいと思っています。

何よりも「日本語で楽しむこと」が大切ですから。

このかるた、五十音だけではないので、89枚あります。
karuta1.jpg

読み札は語呂合わせ的な要素が強いのですが、
子どもはその音を楽しんでいます。
karuta2.jpg

これが読み札の文章です。
karuta3.jpg

このかるたは、こどものたから箱というお店から
カナダへ取り寄せたのですが、送料は手数料なしの実費のみ。
総重量をお知らせくださった後、希望の発送方法で送ってくれました。

とても親切なお店で、安心して気持ちよく買い物できましたよ(^^)

私はほかに、ドリルなども取り寄せました。

スポンサーサイト

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

tag:海外 日本語 ひらがな バイリンガル 子育て

コメント:

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/17-0d32aef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。