【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

わからないことだらけの、男の子育児

2011.09.09 Fri

わが家の4歳の息子は、同年齢の子たちに比べて、
理解力が劣るとは思いません。

でも、

********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


人の話を聞いていないことが多い

自分が話すのに夢中で、
私や夫がたった今言ったことを復唱させてみると、
半分くらいしかわからない。

それから、集中力根気があまりなさそうなのも
気になるところ。

1人遊びもあまり上手でなく、
できないことがあると、自分でなんとかしようと試みる前に
すぐ私や夫、娘に頼ります。

これではいけないと、息子にはなるべく自分でやらせて、
できないときには私が口で違う方法を提案したり、
できたときには「すごい!」と褒めたりして、
自信をつけさせるよう心がけてはいるんですが・・・。

甘えん坊なのは、
末っ子で男の子だからというのもあるのかなぁ・・・。


息子は話を聞いていない上に、
男の子だからかどうか知りませんが、
悪いとわかっていても、
好奇心に勝てずやってしまう
ことが多いです。

しかも繰り返し(苦笑)。

怪我をしたり、他人に迷惑をかけたりすることでなければ、
これが男の子なのかなと、ある程度大目に見ていますが・・・。

うーん、難しい。
異性であるがゆえに、わからないことも多々です。

男の子のお母さん方、お互いにがんばりましょうね(笑)!

スポンサーサイト

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

tag:子育て 育児 男の子 集中力 根気

コメント:

*

初めてコメントします。
うちも5歳の息子がいますが、4歳の時は全く同じ状態でしたっ!!
あまりにうちの息子にそっくりなので読みながら笑ってしまいました。5歳くらいになると、さすがにもう少し落ち着いてきますが、でも男の子ってやっぱり女の子とは違うなあと日々思いますよね。

*Re: タイトルなし

>コスタリカママさん

はじめまして。コメント、ありがとうございます!

4歳と5歳は違う。それを聞いて光が見えたようです(笑)。
わが家も来年はもう少し落ち着いてくれるといいな。

それにしても、男の子って本当に女の子と違いますね。
まあ、こういうのびのびした部分が
将来モノを発明する発想の柔軟さとか、
危機に直面した際の的確な判断とか、
女性には比較的稀な能力へとつながるのかもしれませんが・・・。

子育ては大変だけれど、同時にとっても楽しいです(^^)

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/29-861a8217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。