【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





ホームスポンサー広告■バイリンガルとは? 海外でわが子に日本語を教える>現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

2011.09.14 Wed

海外でわが子に日本語を教える上で、
日本人の親が超えなければならないハードルは
たくさんあると思います。

その中で、もっとも高いものの1つが、


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


おそらくお子さんの
現地校での就学開始ではないでしょうか?

わが家も同じ。

それまで、私との時間が生活の大部分を占めていた娘。
テレビも日本語で見ていることが多く、
日本語のほうが上手だったように思います。

それがSKに行き始めたら、あっという間に
英語ペラペラになりました。
(いえ、夫とは生まれたときから
 ずっと英語で会話していたんですけどね)

ウワサには聞いていたけれど、ここまでとは!
覚悟をしていたつもりでしたが、正直とても焦りました(苦笑)。

そこで、これはなんとかせねば~(大汗)と思って始めたのが、
以前もお話した

 ・私との日本語会話の徹底
 ・こどもちゃれんじの海外受講

の2つです。

特に、こどもちゃんれじは、
ぴったりのタイミングで始められたと思います。

子どもが幼稚園へ行かず家庭内にいる限り、
母親の私が日本語の環境を用意し、
子どもに何を与え、何を与えないか取捨選択することができました。

でも、一歩カナダ社会へ出て行けば、そういうわけにもいかない。
もちろんそれが悪いわけではなく、子どもが成長する上で
私のいないところで社会と交わりながら、英語を使って
カナダ人として生きることは大切なことだと思っています。

それを認めつつも、
じゃあ私が娘の日本語のために何ができるかを考えたとき、
私には、「こどもちゃれんじ」が1つの選択だったわけです。

5~6歳になると好奇心がますます旺盛になって、
日常生活や周りの自然に対して、どうしてこうなるの? と
思うことが増えるので、
その好奇心を満たしつつ、飽きさせない教材が必要でした。

たとえ私が一生懸命何か用意したり、
話し相手になってあげても、私は教育のプロじゃありません。

幼稚園で、英語で過ごす時間は楽しいけれど、
家で日本語で話す時間は退屈、と思われないように、
日本語を使いながら新しいことを吸収できる
プロが作った教材を探しました。

その答えが、こどもちゃれんじ

個人的に、babyから海外受講するのは、
日本語学習に限っていえば、お金の無駄かもしれないと思いますが、
娘が自ら学びたいと感じ、いろいろなことを吸収する準備の整った
5歳になってからの受講は、大成功でした。

★お子様の成長に合わせて学べる!こどもちゃれんじ

スポンサーサイト

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

tag:日本語 英語 バイリンガル 教育 こどもちゃれんじ

コメント:

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/31-e8342db2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。