【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

子どもたちが大好きな島田ゆかさんの絵本

2011.10.20 Thu

島田ゆかさんの絵本を好きなお子さんは多いと思います。
もちろん、うちの子どもたちも大好き!

島田さんといえば、

********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


「バムとケロ」シリーズが有名ですが、
そのほかに、ガラゴシリーズ(2冊)も持っています。

わが家ではすべて大型絵本を買いました。
でも、今では小型の少しお値段控えめバージョンも出ているんですね!

中古が市場に出回ることの少ない人気絵本なので、
うれしく感じる方も多いのではないでしょうか。

小さくなった分送料もやや抑えられるので、
コスト面から考えるとかなりおトクですね。

小型本が出ているのは、現在のところ以下の4作品みたいです。


バムとケロのおかいもの 小型絵本


バムとケロのそらのたび 小型絵本


バムとケロのにちようび 小型絵本


バムとケロのさむいあさ 小型絵本


今年1月に出版されたばかりのこちらは、
まだ大型本しか出ていないようです。


バムとケロのもりのこや

大型本は絵に迫力があるので、
それはそれで、私は購入してよかったと思っています。


バムとケロシリーズは、どれもとっても楽しくて私も好きなんですが、
個人的にもっと好きなのは、実はガラゴ。


かばんうりのガラゴ


こちらは昨日のベッドタイムに
子どもたちからリクエストされました♪


うちにかえったガラゴ

ガラゴに出てくる登場人物は、どれも個性的で、
ちょっと惚けていて、愛嬌たっぷりです。


島田さんはカナダのオンタリオ州で生活されているらしく、
絵の中になんとなくカナダを感じます。

「バムとケロのさむいあさ」で、アヒルのかいちゃんごと
池の水が凍ってしまうところ、とか。

はたまた「うちにかえったガラゴ」で初雪が積もる様子と、
外とは対照的な家の中の温もり、とか。

カナダ在住者としては、そうなのよね~と内心うなずきながら、
子どもたちに読み聞かせることもしばしば。


この7冊は、同じ登場人物が7冊の中のあちこちに出てきて、
お互いがリンクしているのもおもしろい。

本を読んであげると、
子どもたちは知っている登場人物を見つけるのに夢中です。

しかも、絵の片隅に登場する1人の人物に焦点をあてて本を見てると、
また別の物語が紡げてしまうのも楽しいところ。

本文とは別に、「これは何をしているのかな?」
「これは誰だっけ?」などと質問をすると、
子どもたちはうれしそうにいろいろ答えてくれます。


ところで今回気づいたんですけれど、


ぶーちゃんとおにいちゃん

これ↑って、もしかしてガラゴとリンクしてますか?

この小さい犬、
見たことあるような気がするんだけどな~。

スポンサーサイト

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

tag:バイリンガル 読み聞かせ 絵本 海外 カナダ 島田ゆか

コメント:

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/46-688a0150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。