【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

それは日本語でこう言うのよ! はOK??

2012.05.03 Thu

我が家では、ときどき子どもたちが
英語を交えながら日本語で話すことがあります。

バイリンガル教育をしているご家庭では、
よく見られる現象ですよね?

そんなとき、あなたはどうしていますか?



********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


A)その場で正しい日本語を教えて、
  徹底的に言い直しの練習をさせる。

B)楽しそうに話しているので、そのまま流す。

C)一度だけ正しい日本語で言い直してあげる。


どれか正解かはわかりませんが、
我が家では「C」をします。

なぜなら、私がカナダに来てから
英語を第2言語として習っているときに、
こんなことをESLの教師に聞いたから。

 「話を中断させられてばかりいたら、子どもだって話す気をなくす」

なるほどな~と思いました。
私だって話すたびに止められていたらイヤだものね

例として、その教師が彼女の小さな甥の話をしてくれました。
母国語とはいえ、男の子の英語にはまだ間違いがたくさん。
彼女はその子が間違えた過去形を言うたびに、
正しい形を言っていたそうです。

たとえば、brokeと言うところをbreakedと言う場合、
男の子が言うたびに「brokeね」と一度だけ言う。

すると、それを聞いた男の子はその都度
無意識のうちにbrokeと言い直しながら、話し続けます。
そして、しばらくはbreakedと使うものの、
次第にbrokeと正しい形を使えるようになったそうです。

この話が、なぜか印象深く残っているので、
我が家もその方針。

あなたのおうちでは、どのようにしていますか?
よかったら教えてください!
スポンサーサイト

テーマ:海外で我が子に日本語教育 - ジャンル:育児

tag:日本語 バイリンガル 子育て 英語 教育

コメント:

*

お久しぶりです。

うちもPocoyoさんのやり方に近いです。

息子が日本語に英語を混ぜた場合は、

「そうだねー、〇〇(息子が英語で言った言葉の日本語)だね」と言うようにしています。

極力、何語ではどういう風にいうかということは言わないようにしています。

*Re: タイトルなし

>チョロさん

お久しぶりです。コメント、ありがとうございます!(^^)

言葉の訂正、親は気をつかいますよね(笑)。大人の私たちは「英語」とか「日本語」とか、しっかり分けて頭に詰め込みますが、生まれて以来多言語にさらされている小さな子どもたちは、きっと無意識に使い分けているんでしょうね。

我が家の場合は、SKやG1くらいで「○○語」という概念が生まれたようで、子どものほうからこれは日本語でどう言うのか聞いてくることが増えました(笑)。

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/60-6cf614e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。