【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

日本一時帰国 体験入学 2日目

2012.09.05 Wed

一日目に学校で泣いてしまった長女。

カナダでは1年間きちんと学校へ行き、
すでに夏休みなのですから、

********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


日本で学校へ行かなければならない理由は
特にありません。

泣きべそをかきながら、
「ねえ、ママ。もう学校へ行かなくていいでしょ?」
とすがるような目で言われると、
私も娘がかわいそうでならなかったのですが、
そこは、心を鬼にして・・・

 学校なんだから行かなくちゃダメよ。
 あと4回だけだから、がんばりなさい。
 それに、みんな本当は友だちになりたいんだよ。

そう言って、娘に納得してもらいました。

初日の給食の時間に、
教頭先生が、娘の様子を見に行ってくれたそうです。
ご丁寧に、そのときのことを、メールで教えてくれました。
そこで、教頭先生に娘の様子をメール。
2日目も登校させますので、よろしくお願いしますとお伝えしました。

さて、翌日。相変わらずしくしく泣いている娘を
学校へ送っていきました。
昨晩はいったん納得してくれたものの、やはり不安なのでしょう。

校門付近では、教頭先生も心配そうに待っていてくれました。
後日知ったことですが、2日目の給食の時間には、
教頭先生と校長先生の2人で娘の様子を見に行ってくれたようです。
なんとも、ありがたいこと。
先生方のご配慮には、本当に感謝しています。

そして、下校時刻。
私がグラウンドを通って昇降口へ向かっていると、
10人くらいの1年生の一団とすれ違いました。

そこで、女の子が、
「あの、Cちゃんのお母さんですか?」と(笑)。
私がそうだと答えると、待ってましたとばかりに
一斉に質問の嵐です!

そのうちの1つが笑えました。

 女の子1:「Cちゃんのお母さんは、カナダ人ですか?」

 私:「 正真正銘、
    頭のてっぺんから爪の先まで、100%日本人だよ」

 女の子2:「じゃあ、どうしてCちゃんはカナダ人なんですか?

 私:「 それは、Cちゃんのお父さんがカナダ人だから・・・」

 女の子3:「えー、カナダ人と結婚したのぉ?

 私:「そうだけど・・・」

 女の子4:「じゃあ、Cちゃんのお母さんは、
       英語話すんですか?

 私:「いやあ、まあ、その、
    話すのかと聞かれれば・・・(しどろもどろ)」

こんな具合で、特に女の子からは
次から次へと質問が飛んできます。

そのとき、ああ、これは娘も
学校で楽しい時間が過ごせたなと直感しました。

だって、子どもたちは、
こんなに娘のことが知りたいんですから(笑)。

案の定、昇降口で待っていた娘は、笑顔でした。

あー、よかった!
これで一安心です
スポンサーサイト

テーマ:海外で我が子に日本語教育 - ジャンル:育児

tag:日本語 バイリンガル 一時帰国 体験入学 子育て

コメント:

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/69-7c5ede47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。