【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





ホームスポンサー広告■バイリンガル児の日本一時帰国(体験入学ほか)>日本一時帰国 娘に体験入学をさせてみた所感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

日本一時帰国 娘に体験入学をさせてみた所感

2012.09.11 Tue

この夏、娘を日本の小学校へ体験入学させました。
結論から言うと、体験させて本当によかったです!

1年生を1週間だけ。短い時間でしたが、

********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


娘は、本当にたくさんのことを吸収したようです。

心細い思いをして、泣いたこともありましたし、
お友だちと笑顔で遊んだこともありました。

給食当番で牛乳を配ったり、
お掃除で床の雑巾がけをしたりもしました。

発表するときにはまっすぐ手を挙げて、
立ち上がり、授業の開始と終了時には
みんなで起立・礼・着席をしました。

赤いランドセルを背負って、
黄色い帽子をかぶって、
昇降口で上履きに履き替えて・・・。

日本人の私にはどれも当たり前のことですが、
カナダ生まれの娘には、すべてが
テレビか絵本の中でしか見られなかったこと。

毎日、とっても新鮮だったと思います(^^)

日本語で気持ちを伝えたり、友達の話を聞いたり、
ノートに書いたり、教科書を読んだり・・・。
母親である私との机上での学習より、
何百倍もインパクトがあったことでしょう


今回、娘を見ていて一番感心したことは、
娘が、ポンといきなり日本の小学校へ入れられても、
まったく言葉の不自由を感じず
学校生活を送っていたこと。

授業も問題なかったようです。

娘はカナダで生まれ、8カ月のときに日本へ滞在して以来、
一度も日本の地を踏んでいませんでした。
そして、普段はカナダで、英語で学校生活を送り、
父親とも英語で話しています。
日本語補習校などは、一切行っていません。

それなのに!

まだまだ柔軟で吸収力もいっぱいの「子ども」の能力って、
すごいなーと心から思いました

娘の場合は、小さい頃からの絵本の読み聞かせ
こどもちゃれんじ
思った以上に効果的だったのだと思います。

海外で日本語教育をすると、はっきり言って
時間もお金もかかります。
私も何度、日本語教育継続を思い悩んだかわかりません。

でも、今は心から、
日本語教育を続けてきてよかった!
と思っています。

娘はまだ小学校低学年。
ゆっくりでいいので、このまま順調に
日本語能力をアップさせられるよう、
油断せず、こつこつ日本語教育を続けようと思います。

「海外で日本語絵本を揃える」
「わが家がこどもちゃれんじに決めた理由」


スポンサーサイト

テーマ:海外で我が子に日本語教育 - ジャンル:育児

tag:日本語 バイリンガル 教材 一時帰国 体験入学 教育 絵本

コメント:

*初コメントです

ブログ、楽しく読ませていただいてます。私も海外で子育てをしていて、日本語教育を絵本・チャレンジを通して頑張っている最中です。とってもブログ、参考になります。日本の学校での体験入学、すごい良いですね~。最近ですが、私もブログをはじめました。是非、遊びにきてください☆

*Re: 初コメントです

>きょんきょんさん

コメントありがとうございます!
そして、お返事遅くなって、ごめんなさい!

海外での日本語教育、難しいですよねー。
私も、自分なりにいろいろ考えて、トライしています。
結果がどう出るかはわかりませんが・・・。

お互いにがんばりましょう!(^^)

後で、きょんきょんさんのブログへも
遊びに行かせていただきますね。

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/72-911c485f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。