【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





ホームスポンサー広告■バイリンガル児の日本一時帰国(体験入学ほか)>日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!

2012.09.18 Tue

この9月から、息子が幼稚園に通い始めました。

2年前、娘が幼稚園に行き始めたちょうど今頃、

********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


日本語教育のための教材を捜し求めていました。

5歳児は好奇心旺盛。
生活環境の中から質問が山ほど出てきます。

私が子どもたちに日本語を教えるとき、
とても気をつかったのが、
日本語を言葉として教えないこと

平仮名(もしくはカタカナまで)は、
もちろん文字として教えたのですが、それ以降は、
覚えた日本語を使って楽しめる教材
ほしいと、考えていました。

そこで選んだのが、こちら。
★お子様の成長に合わせて学べる!こどもちゃれんじ

子どもたちが大好きなしまじろうやみみりんなどの
カラフルな絵がたくさんついていて、
鉛筆を使う問題ばかりでなく、
シールを貼って答える問題もあります。
これなら子どもが飽きずに学べると思いました。

また、小学校入学前の秋になると、
入学準備号が届きます。

そこには、小学校での生活や授業の様子、
「理科室」「音楽室」「保健室」「給食室」などの呼び方、
登下校の際の注意点などを一緒に考える教材などがついていて、
小学校生活の疑似体験ができるようになっています。

おかげさまで娘も、
カナダにいながら自然と新一年生になる自覚を持ち、
心準備をすることができました。

ほんと、これは上手くできていました!

娘は「蝶結び」や「安全ピンの使い方」まで、
こどもちゃれんじ入学準備号で覚えてしまいましたよ。

実は、こどもちゃれんじをやっていたからこそ、
娘の日本での体験入学はスムーズだったのだと思っています。

さらに、入学直前になると、
入学予定の小学校で使われる教科書を登録することができます。
教科書の種類によって、ちゃれんじ1年生からの教材内容が
多少変わるのだそうです。

海外に一時滞在していて、いずれ日本に戻るおうちのお子さんなら、
このサービスはありがたいだろうなと思いました。

だって、日本に戻って学校の授業についていけなかったら、
お子さんがすごくかわいそうですものね。

でも、海外にいるうちから、
入学先の小学生と同じ教科書に沿った学習をしておけば、
転入した際の戸惑いも、ずっと少ないと思います

とにかく、日本での体験入学前のこどもちゃれんじは、
我が家の場合、大正解でした!


「しまじろう」と共に、さまざまな成長体験との出会いを!<こどもちゃれんじ>

お子さまの教科書に合わせた教材で、わかりやすく理解できるようにサポート【進研ゼミ小学講座】


スポンサーサイト

テーマ:海外で我が子に日本語教育 - ジャンル:育児

tag:日本語 バイリンガル 教育 一時帰国 体験入学

コメント:

*

娘さんの体験入学の記事を全て読みました。
1日目の記事を読んだときは、次の日からどうなるのだろうとドキドキしました。でも、次からの記事を読んで安心しました。
娘さんにとって良い経験になって良かったですね。
私も息子に体験入学をさせたいと思いつつも、親戚が小学校の教頭をしていて、その仕事の大変さを聞いているので、少し迷っています。

*Re: タイトルなし

>チョロさん

こんにちは! コメント、ありがとうございます。

娘の体験入学、受け入れてくださる学校の先生方は大変だったと思います。
それでなくてもお忙しいところ、いきなり生徒が一人増えるわけですから。
だからといって、お給料が上がるわけではないでしょうし、
その子が今後ずっと小学校へ通うわけでもないのです。
たった5日間だけ。
先生方は、純粋に娘のためだけを思って、今回快く受け入れてくださいました。
心から感謝しています。

息子さん、体験入学をされたら、きっと日本がずっと身近になると思います。
それこそ、人生が変わるような経験になるかもしれません(^^)
でも、チョロさんのように、学校側の事情をよくご存じだと、
申し訳ないという気持ちが先立って、ためらわれるかもしれませんね・・・。

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/73-c8bff2cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。