【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





ホームスポンサー広告■バイリンガル子育て ~日本語・日本に対する子どもたちの姿勢~>バイリンガル教育 子どもたちの日本語レベル(記録2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

バイリンガル教育 子どもたちの日本語レベル(記録2)

2012.09.22 Sat

私自身のために、
子どもたち(7歳と5歳)の現在の日本語レベルを
記録しておこうと思います。



********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


【娘(7歳)】

ひらがなの読み・書きは、まったく問題なし。

カタカナの読みはマスター。

カタカナの書きは、現在ドリルを8割ほどやり終えたところ。
シ・ツ、ン・ソの書き分けでやや苦戦したものの、
徐々に間違える回数は減ってきている。

漢字のドリルを継続中。
森、林、田、男、女、川、山、足、手、目、口、
人、中、一、二、三、四、五、六、七、八、九、十
などは、学習済み。
一年生で覚える漢字を少しずつ覚えているところ。

日本語で年齢相応の本を読んで
内容を理解すること(インプット)に、
特に問題はない模様。

ただし、話の内容について答える問題
(アウトプット)をさせると、
「答え方」がよく分からないらしい。

 例)「~はなぜですか?」に対し、
   「~だから」で答えるなど。

これは、日本では学校で習うことなので、
私が、これからきちんと説明しなくてはならないこと。
特に説明文の読み方は、接続詞やキーワードなどに注目させて、
もっと簡単に内容を理解できるよう、サポートする必要があると感じる。

最近は、漫画「よつばと!」を笑いながら読んでいる。

日本語で歌うことが好き(もちろん、英語でも!)。

日本語でお話を作ってと頼むと、
ためらわず、うれしそうに創作し、できたものを読んでくれる。

今のところ、第2言語の日本語としては、
順調に身に付けてくれていると感じる。


【息子(5歳)】

同時期の娘と比べると、ひらがなの読み・書きともに劣る。
ただし、息子と娘の性格がまったく違うので、
私自身はあせっておらず、
息子に合ったペースで日本語を教えようと思っている。

学校が始まって3週間が経つが、
日本語能力が劣ってきたような気配はまったくなし。
毎日、私の顔を見た途端、
話す言葉を完璧に日本語へと切り替える。
この点においては、同時期の娘より優れている。

ひらがなのドリルを毎日1ページだけしているが、
集中力がないので、どれくらい身についているか疑問。
短い問題を1字ずつ声に出して読んでもらい、
日本語を見たら自然に読むようになってほしいと思っている。
(今までは、そこにひらがながあっても、絵のような感覚で、
 自ら、つなげて読むことは決してなかったので)

  ひらがなの文章
    ↓
  声に出して読む
    ↓
  意味がある(=自分が話しているときと同じ)

ということを理解し、体感してほしい。

日本語のテレビ番組(アニメ)は喜んで見る。

絵を描いて、そこにひらがならしきものを書きこむが、
意味のある言葉にはなっていない。

とりあえず話すのが好きな子なので、
まずは耳から新しい言葉を覚えて、
文字は後からついてくるというパターンのほうが、
向いているのかもしれない。

口は、とても達者(苦笑)。

日本の5歳児と比べても、
それほど違いはないのではと思われる。

そろそろ同時期の長女が使ったこどもちゃれんじを
使わせようかと思っているところ。
(もちろん、全部とってあります!

以上。
スポンサーサイト

テーマ:海外で我が子に日本語教育 - ジャンル:育児

tag:日本語 バイリンガル 子育て 教育 ひらがな

コメント:

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/74-4de50a16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。