【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

日本語学習に使っている教材(5歳10カ月の息子)

2013.04.11 Thu

2歳年上の長女が同年齢だった頃と比べると、
どうも集中力に欠ける息子。

日本語学習だって、放っておけば、
自分からやるとは決して言わない(笑)。

これは、

********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


毎日ドリルをコツコツこなした長女Cのときとは
教え方を変えなくちゃと思いつつ、
しばらく様子を伺っていました。

長男Nは、お絵かきが大好きなのですが、
見ていると、描くものは日本関連のものばかり。
日本語で説明を書きたいらしく、最近はひらがなでどう書くのか、
よく質問されます。

今朝も、日本地図を描きながら、
「ママ、『きゅうしゅう』ってどう書くの?」と
聞かれました 


Nは、今まで↓の平仮名のドリルをやっていました。

4歳 ひらがな [ 多湖輝 ]




これはこれでいいのですが、
なんせ飽きっぽいN。

1回につき2ページをこなすのが精一杯。
それ以上やりたいというのでやらせれば、
いろいろなことに気を取られて、
果たして、きちんと覚えているのかいないのか・・・
という状態になります

Nのようなタイプは、ひらがなを“覚える”のではなく、
興味を持って、楽しく取り組めそうな教材を提供することで、
ひらがなを使いながら考えつつ”、
言葉を身に付けたほうがよさそうです。

そこで、まずはNの部屋に
ひらがなとカタカナの表を貼っておきました。
ベッドに入る前など、なんとなく眺めているようです。
(これは、Cのときも効果大でした)

それから、カルタ。

あいうえおんカルタ




これで積極的に遊んでいます。
このカルタ、Cが大好きで、
遊びながら自然と拗音まで覚えることができたスグレモノ。

ちなみにこのカルタは、Cが3歳くらいの頃、
くもんのこどものたから箱 というお店から購入しました。
海外発送&送料は実費のみという、
とても良心的で、丁寧なご対応をしてくれましたよ。


この2つのほかに、
長男Nがひらがなドリルの終了を待たずに始めたのが、
しまじろうと一緒に豊かな体験を<こどもちゃれんじ>です。

色がカラフルで、絵がたくさんあるので、
毎回楽しんで取り組んでいます。
そのとき、Nに問題を音読させています。

この時期は、学力が伸びることは大した問題ではなく、

 「家庭学習のときにしっかり集中できるようになる」
 「ひらがなを読めて、書けるようになる」

が目標だと思っているので、
Nが楽しく取り組めること
一番大切だと感じます。

こどもちゃれんじを開くと、毎回ページを見るたびに
「これも楽しそう!」と目をキラキラさせるので、
やらせてよかった!


今は小さな子どもたちも、
大きくなればもっと個性がはっきりして、
自分のしたいこと、したくないことが分かれてくると思います。

そうなる前に、日本を身近に、
日本が生活の一部であることが当たり前で、
何の抵抗も感じないまま、
自然と受け入れられるようになってもらいたいです。

人としての基礎がつくられるこの時期だからこそ、
日本語学習に力を入れてあげたい。そう思っています。
後ではできないことって、ありますものね。

---
くもんのこどものたから箱

しまじろうと一緒に豊かな体験を<こどもちゃれんじ>

スポンサーサイト

テーマ:海外で我が子に日本語教育 - ジャンル:育児

tag:日本語 バイリンガル 子育て 教材 ひらがな

コメント:

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/80-7d4a7762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。