FC2ブログ

【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

日本語での子育て 年齢相応の教育が大切?

2013.09.06 Fri

英語圏で日本語子育てをしていて思うことですが、


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


語学教育では、
子どもが幼いときに周りがどう対応するか
ひとつのキーかもしれない、ということ。

たとえば、国際結婚された知り合いの日本人ママで、
子どもが小さいときに英語で対応されていた方がいます。

彼女いわく、子どもの言葉があやふやな時期、
2言語を並行して教えて混乱させたくないので、
まず現地語(英語)を習得させたい。
その後で日本語を、とのお考えでした。

今、2人のお子さんはティーンになられましたが、
結果は、英語だけ話されます。
とっても素直でかわいく、優秀なお子さんですが、
日本語習得には興味がなかったのでしょうね。
ママとはずっと英語で話しているそうです。


思うに、後から
「わざわざ日本語を学ぶ」、という状況を
作ってしまうと、子どもは日本語を学ぶのが
億劫になるのではないでしょうか。
だって、ママとは英語で意思疎通しているわけですし、
日常生活に何の不自由もないわけですから。

このパターンが悪いわけではないし、
後から母国語以外の言葉を身に付ける人もいるでしょう。
でも、この場合は、本人の強い意志が必要になると思います。
だから、子どもに相当やる気がないと無理になってしまう。

子どもが幼いうちからスタートするバイリンガル教育のメリットは、
周りの大人(親)が、子どもにとって、
2言語が当たり前の環境を用意することができる、
という点ではないかと思います。

英語ヤダ、日本語面倒くさい、ではなく、
2つの言語が共存するのが当たり前なので、
子どもは抵抗感を持たずに言葉に取り組めます。
少なくとも、わが家の場合はこのパターンです。

もちろん、英語圏での日本語教育なので、
日本語が当然のように家の中にゴロゴロしている環境づくりのため、
私はかなり投資しています(涙)。

でもね、同じ日本語教育のためのお金でも、
今の子どもたちに使うのと、
5年後の子どもたちに使うのとでは、
返って来るものが全然違うと思うのです。
今だからこそ効果のある教育
というのがあると思います。

実際、こどもちゃれんじの海外受講は、
とても役に立ちました。
庶民の私には結構勇気のいる金額でしたが、
対効果を考えると、決して高くはなかったと思っています。
それほど、子どもたちの日本語は伸びました
SKに行き始めたあのタイミングで始めてよかったと、
本当に思っています。

特に、5~6歳くらいは社会性がグングン育つ時期なので、
こどもちゃれんじを通して、
日本人が大切と思うこと(相手への思いやりとか)、
4月から始まる小学校生活などについても学べたのが、
非常に役に立ったと思います。

言葉は、文化や生活、興味のある物事と一緒に学ばないと
身に付かないですから

★お子様の成長に合わせて学べる!こどもちゃれんじ


スポンサーサイト

テーマ:海外で我が子に日本語教育 - ジャンル:育児

tag:日本語 子育て 教育

コメント:

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/85-9e3bc690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。