【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





ホームスポンサー広告■バイリンガルとは? 海外でわが子に日本語を教える>バイリンガルって言葉だけ?(カナダで日本語子育て)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

バイリンガルって言葉だけ?(カナダで日本語子育て)

2013.12.20 Fri

英語圏で日本語子育てをしていると感じます。

言葉は、文化や習慣などとセットじゃないと、
覚えにくいよな~って。

たとえば、私たち親世代が

********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


学生時代に日本の学校教育で学んだ英語
どうです? ときに苦痛を感じませんでしたか?

英語の授業時間だけ、日本人の先生が、
日本人の考え方で、日本語英語を教える。

今振り返ると、なんだかな~って感じですよね(笑)。
終業のチャイムがなった途端、
私の頭からは、内容がすっかり吹き飛んでいました(笑)。

この経験から想像するに、日本語という「言葉だけ」教えても、
子どもはつまらなかったり、覚えられなかったりするのではないかと
思います。

そこで、わが家ではなるべく、
生活の中に日本語や日本があるよう心がけています。
テレビの日本語放送受信はもちろん、日本語の本が
当然のように家の中に転がっていたり、
日本語を使うゲームがあったりします。
年末年始は少しお祝いするし、ひな祭りも端午の節句もします。
それには、少しお金を使いますし、
親の手間隙もかかるので、面倒といえば面倒なのですが、
上の子が8歳の今、返って来るものは多大であると実感しています。

もし、子どもたちが夫と同じように
英語だけ話して、日本のことがよくわからなくて、
食べ物も和食が苦手だったら、
きっと私は海外ですごく寂しい思いをしていたと思います。

もちろん、これは個人的な感じ方なので、
中には、それでも全然平気な方もいるでしょう(^^)
各家庭の考え方や価値観は違って当たり前なのですから、
それはそれで、まったく構わないと思います。

ただ私の場合は、子どもたちと不自由なく母国語で話し、
日本について普通に語り合えることが、
日々の喜びの1つになっています。
スポンサーサイト

テーマ:海外で我が子に日本語教育 - ジャンル:育児

tag:日本語 子育て 英語

コメント:

*初めまして

同じ2007年生まれの息子を持つ アメリカ在住のけろと申します。
海外での日本語教育を検索していてこちらへたどり着きました。

とても努力をされていて…私は途中で(かなり早い段階で)諦めてしまった事を 続けていらっしゃるのを読みまして
反省し、遅いのかもしれませんが今からでも息子に日本語を教えようと (^^)新年早々に目標を頂きました。

生まれて半年までは 日本語の歌を歌い聞かせ、本を読み聞かせ、 日本語で語りかけもしていたのですが
周囲に日本人もいませんし、そうなると、私が独りで息子に一方的に話しかける事になってしまい、 返答をもらえない相手に 「何を話しかければいいのかな?」と悩んでしまい、何だか虚しく思えて その後も思い出したように絵本を読んだり、日本語のブロックで遊んだりとしましたが
6歳半現在も 日本語で自己紹介もできない、挨拶をされてもうまく返事ができません。
ひらがなを文字として読むこと、数字を1~100まで数える事は 興味があったのですぐに覚えましたが 会話は皆無です。
これからは もう少しがんばって
こちらで色々と息子も私も勉強させていただきますね。

情報をたくさん載せていただいて とても助かりました、と
コメントしたかったのです。長文で失礼しました。

*Re: 初めまして

> けろさん

こんにちは。はじめまして。

気まぐれ更新のブログですが、少しはお役に立てる情報があったようで、大変うれしく思います。わざわざコメントを残してくださって、ありがとうございます!

息子さんが生まれて半年までは、いろいろと日本語で話されていたのですね。今からでも全然遅くないと思います。もしけろさんが息子さんと日本語で話したい、息子さんに日本語も覚えてもらいたいと思われているなら、トライされることは素晴らしいと思います。言語教育は早ければ早いほどいいと聞くので、今けろさんがそう思われたのは何か運命のようなものなのかもしれませんね(^^) 日本語での話しかけに最初は息子さんも「?」なお顔をするかもしれませんが(笑)、返事はお母さんが粘り強く「●●なのね」などと言いたそうなことを日本語で言ってあげていると、いつか「そうじゃないよ!」なんて返事があるかもしれませんね(笑)。がんばってください!

海外でわが子と日本語で話せることは、いつかきっとけろさんにとっても大きな癒やしになると思います(海外生活、いろいろありますものね~【苦笑】)。

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/88-c343d002
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。