FC2ブログ

【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





ホームスポンサー広告■バイリンガルとは? 海外でわが子に日本語を教える>何それ? ママの言ってること、わからない (バイリンガル子育ての体験)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

何それ? ママの言ってること、わからない (バイリンガル子育ての体験)

2014.01.21 Tue

英語圏で日本語子育てをしていると、
おそらく最低一度はこんな経験をすると思います。

それは、

********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


日本語で話しかける自分を見つめるわが子が、
ポカーンとした顔をして一言。

「ママの言ってること、わかんない」

はっきり言って、これはショックです(笑)。

私は、娘Cの学校生活が始まり、
英語でのインプット量が急激に増えたときに、
この爆弾を落とされました

ほかにもCは、英語では言えるのだけれど、
日本語ではどう言っていいのかわからず、
私にイライラする様子を見せることもありました。

これって、冷静に考えると仕方のないことだと思います。
だって、日本で生まれ育った私と違い、
子どもたちは、英語圏で英語を使って暮らしているんですから。
日常生活の中で
日本語を使う相手は、母親の私だけに限られているのです。
英語日本語の語彙力に差が出てくるのは
当然ですよね。

そこで、私は開き直りました

Cが会話の途中で不思議そうな顔をするたびに
「どの言葉がわからないの?」と聞いて説明したり、
それでもわからないようであれば、言葉を替えて、
あるいは例をあげて説明したりしました。

同時に、日本語でのインプットを強化。
私と話しているだけでは、日常生活語彙から出られないので、
本や漫画をはじめ、日本語DVDや、日本語で遊べるゲームを入手。

日本語チャンネルを契約して、私がニュースを見たり、
ドラマを見たりすることで、子どもたちが毎日少しでもいいから、
新しいことを日本語で見聞きする機会が増えるよう
心がけました。

そして最後に、
子どもたちの母国語は英語なのだから、
英語と同等の日本語力を身に付ける必要はないと
再度自分に言い聞かせました。
(日本人の私としては少し寂しいけれど)


現時点で子どもたちを見るに、
日本語力もバランスよく伸びていると感じます。
ときどき、よくこんな言葉まで知ってるなーと思うことがあり、
子どもたちのスポンジのような吸収力に内心舌を巻いてしまいます。

この調子で、自分たちのペースで焦らず、
そして楽しく、日本語を身に付けていってもらいたいです。
スポンサーサイト

テーマ:海外で我が子に日本語教育 - ジャンル:育児

tag:日本語 バイリンガル 子育て 英語

コメント:

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/91-6c894ba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。