【バイリンガルを目指して、海外で日本語子育て】

英語圏で、日々試行錯誤しながら子どもたちに日本語を教えています。子どもの成長を通して私も学ぶことが多い中で、もしかしたらほかの親御さん方の役に立つ情報があるかもしれないと、ここに気づいたことを記録していくことにしました。日本語教育、英語教育、あるいはバイリンガル教育をされている方、よかったら読んでみてくださいね♪

▼海外での子育てなら、なおさら欠かせない? 日本語での読み聞かせ
絵本の読み聞かせ、してますか?
海外で日本語絵本を揃える
読み聞かせの絵本を選ぶ前に、私が必ずチェックするところ

▼平仮名練習を始める前のウォーミングアップ、運筆
海外で日本語育児 運筆練習
まだまだ足りない、運筆練習

子どもに平仮名を教えるベストタイミングは、いつ?▼
日本語教育はいつから始める? ひらがなを教えるタイミング
日本語学習の導入(我が家の4歳男児の場合)

平仮名を覚えるのに効果的な方法▼
この遊びは、日本語学習に役立っています!
日本語学習に大活躍! 誰もが知ってるこんな遊び
遊びながら楽しく日本語を使う
日本語学習に「ドラえもん」が効果的?

「漢字導入」のハードルをどうスムーズに越える?▼
子どもが漢字に興味を持つための工夫

▼日本語で楽しく作業することで目指すのは、バランスのいい日本語力
子どもに「日本語を使って楽しめる問題」を用意する
わが家がこどもちゃれんじに決めた理由
こどもちゃれんじの次は、どうしようかな・・・(ドラゼミ)
次の日本語学習教材を探して(Z会)

子どもの現地校生活が始まったとき、気をつけてよかったこと▼
娘の学校が始まって、徹底したこと
現地校生活が始まったとき、子どもの日本語をどうキープする?

日本の小学校へ体験入学? 転入?
 子どもがスムーズに学校生活を始められるように▼
日本一時帰国 体験入学前に娘にさせておいてよかった!





ホームスポンサー広告■バイリンガルとは? 海外でわが子に日本語を教える>できるだけ一緒に過ごす(バイリンガル/日本語子育て)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************

できるだけ一緒に過ごす(バイリンガル/日本語子育て)

2014.06.07 Sat

日本語は言葉です。

ですから、
海外でバイリンガル教育をする上で大切なことは、


********************
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とっても励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
********************


子どもの生活の中で
「日本語が必要な時間」を取ること
ではないでしょうか。

まだ家族内の人間関係でじゅうぶんハッピーな幼いうちに
徹底して、お母さん(お父さん)とは日本語、というルールを
子どもたちに染み込ませてください。

そのうち、子どもたちは、その天才的な能力を発揮して、
まるでスイッチが切り替わるように、
苦もなくお母さん(お父さん)には
日本語を使い始めるようになると思います(^^)

大人の脳とは違うんでしょうねー。うらやましい

もちろん、ちっちゃい子どもたちに
ルールだからとか、日本語しか使っちゃダメとか、
押し付けてしまうと、日本語に対するネガティブイメージが
生まれてしまうかもしれません。

幼い頃から親に勉強しなさいと言われて、
勉強=イヤなもの と思い込んでしまうように(苦笑)。

私は、日本語での話しかけを徹底し、
できる限り子どもたちと一緒に時間を過ごすことを
心がけました。

カナダで育つ子どもからは、ときどき
日本語でどう言うのかわかならいなんていう
ちょっとショッキングな言葉も出てきましたが・・・(笑)。

そんなときには焦らず、
子どもの「ママに話したい」という気持ちを優先させて、
英語でも話を聞きました。
そして、さりげなく日本語で「●●したのね~」なんて
返事をします。
すると、子どもが今聞いたばかりの日本語を使って
今度は日本語で説明してくれようとします。

これも、「ママには日本語で」と子どもたちの中に
無意識に根付いていたからだと思います。

「お母さん(お父さん)=日本語」を徹底させることは、
子どもたちの生活の中で
「日本語が必要な時間」を生み出すことです。

聞く側がある程度英語でも理解できると、
ついそのまま会話を進めてしまいそうになりますが、
そこはぐっと我慢。
さりげなく日本語で言い直してあげてみてください。
(でも、子どもにリピートを強いる必要はないと思います。
 それだと、日本語の学習になってしまい、
 子どもたちの「話したい」という気持ちが削がれてしまうので)

子どもの
「大好きなママ(パパ)に話したい、シェアしたい」という気持ちを
ぜひ生かしましょう

海外で暮らすお母さん、お父さん、
お互い、がんばりましょうね!
スポンサーサイト

テーマ:海外で我が子に日本語教育 - ジャンル:育児

tag:バイリンガル 子育て

コメント:

コメント:投稿

Private

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kaigainihongo.blog.fc2.com/tb.php/95-30af7636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。